シフォンケーキの粉

0

    かぼちゃのシフォン

     

    シフォンケーキはずっと同じ粉を使っていますが、

    この間届いた粉になってから、なんだか違う・・・

     

    ちょっと気温が下がると何を作るにしても微調整が必要になり、

    四季に合わせて調整するのはいつもの事。

     

    なのに、この一番シンプルなシフォンケーキの時だけに感じる違和感。

     

    ナイフでカットする時に伝わる感触。

    手袋の上からも感じる生地の吸いつき感。

    生地のキメ。

    焼き上がった時の姿・・・

     

    「ほんまにいつもの粉なんやろか。う〜ん。」と、メーカまで疑う始末。

    毎週私が首をかしげているものですから、

    そこで探求心旺盛な人が登場〜!

     

    電話をしてもらったら、メーカーの方は丁寧にお話をして下さって

    発送した時のロッドNOから、その時の粉のたんぱく質量を調べて下さいました。

     

    その結果、その粉のたんぱく質量が通常記載より0,5%低く規格の数値の

    最低限だったことがわかりました。

     

    もちろん1%前後は規格内なのでその粉に間違いはないですが、

    質量が1%以上違うと粉の名前が変わってしまいます。

    なので、お話を聞いてみて私が違和感を感じたことも納得できたのでした。

    私は専門にお菓子を学んだ経験がないので、今回はとてもいい勉強になりました。

     

     

    で、ここからも続きます。

    今日はマニアックなお話ですみません。

     

    たんぱく質量を上げるにはどうすればいいか・・・

    ということでグルテンの多い粉を10数g足すことに。

     

    早速、数字に強い人が計算してくれて

    変更する粉量を計算してくれました。(ありがとう〜)

     

    土曜日の2台目からプレーンシフォンの粉の配合を少し変えています。

    以前と少し違うかな…とお感じになった方には申し訳ないのですが

    しばらくはこれで行こうと思っています。

     

    今回の事は副材料が入るシフォンではあまり感じないのですけどね。

    化学のケーキ、プレーンシフォン恐るべし!

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.08.09 Sunday
      • -
      • 11:57
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      書いた記事数:2244 最後に更新した日:2020/08/09

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM