8月の和菓子

0
    水面の花 

    紫野源水さんの「水藻の花」です。

    夏に嬉しい寒天の和菓子・・・

    こういう和菓子は上から眺め・・・そして目線を低くして横から眺め・・・
    すると自分が川の中を覗いている様に、更にお菓子を見つめてしまう。(笑)

    子供の頃、水中メガネを片手に飽きることなく遊んだ川遊び。
    澄んだ川の水を水中メガネで覗き込むと吸い込まれそうだった。

    あいにくお盆に帰省中は、きつい雨が数回あり濁った川の水しかお目にかかれず残念〜。



    ききょう

    こちらは「桔梗」
    練り切りの和菓子です。

    細工に迷いがありません。

    こういう細工するお菓子は、機械で型どったのとは違います。
    整い過ぎた細工は魅力がありません。

    もちろん、きっちりした出来上がりでないと成り立たないものもありますが・・・


    そう!「書」ひとつとってもそうですね。
    くずした読めない行書なのに美しいとわかる。(笑)

    なのになんで書けないんだろう・・・
    美しいとわかるのに自分で作り上げることが出来ないもどかしさ。

    何においても、センスと作り込む努力が必要ですね。
    やればやるほど・・・






    スポンサーサイト

    0
      • 2020.08.09 Sunday
      • -
      • 13:55
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      書いた記事数:2244 最後に更新した日:2020/08/09

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM