パウンド型食パン

0
    パン2パン 
    パン

    こちらは朝食用のパンです。

    1枚目の画像は全体像。
    2枚目はプレーンをカットした所。
    3枚目の手前は、いつも抹茶ロールにも使う甘納豆。奥はレーズン入り。

    暑い夏にパンを焼くのは億劫なもの・・・。なのでこれが一番手っ取り早い!

    画像のパンは24cmのパウンド型で焼きました。
    一個ずつ丸めて焼くパンは何枚も天板がいるし、場所も取る。
    おまけに発酵も気を遣う。

    そして食パンだと180℃で30分は焼く=室温が上がる=暑い〜

    でも、こんな風にパウンド型で焼くと天板に縦に3つ並べて15分で焼ける。
    ご飯を作りながらでも焼ける!気も遣わない。いいこと尽くめ。

    この夏は大体こんな感じ〜。

    パウンド型に4つまるめて発酵させるとミニ食パンの出来上がり〜
    これを8等分にして冷凍しておけば毎朝美味しいパンが食べられる。
    私はバターを塗って食べるのではなく、のせて食す。
    お口の中でトーストしたパンとバターを咀嚼する・・・この鼻から抜ける香り〜、味わい。
    毎朝美味しい!飽きない!

    ちなみにお菓子作りにバターを使うので、無塩バターばかり。
    最初は物足りない感があったけど、今では加塩よりあえて無塩バターを好む。
    バターって美味しいな〜。

    「パウンド食パンレシピ」(24cmのパウンド型3つ分)

      強力粉 500g
      上白糖 38g
      ドライイースト 10g
      塩 8g
      無塩バター 30g
      水(又はぬるま湯340g)
     ( 仕上げ用の卵液は卵白でも強力粉をふっても良い。)

    いわゆる普通の食パン2斤分の分量です。
    1次発酵のあと、12等分にしてプレーン、甘納豆、レーズン、と3種にしてパウンド型に詰めるだけ。

    2次発酵して膨らんできたら、仕上げの卵液を刷毛で軽く塗って、180℃で15分ほど焼きます。
    私はガスオーブンで焼いているので、電気の場合はこれに限らずです。

    通常食パンのレシピにあるスキムミルクは、いつの頃からか入れなくなりました。
    丁度切れてなかった時、入れなくても美味しかったから。

    翌朝食べる以外は、カットして密閉して冷凍庫に保存します。
    冷凍した場合、甘納豆入りはそのままトーストしても冷たかったりするので、
    少しで解凍してから焼く方が無難です。

    小さめだし、食べやすいです。


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.11.15 Friday
      • -
      • 12:08
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      関連する記事
      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      書いた記事数:1971 最後に更新した日:2019/11/15

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM