亥の子餅

0
    うずらもち

    紫野源水さんの亥の子餅

    11月からのお茶席は、風炉から炉に変わり、ゆっくりと季節の移り変わりを感じます。

    冬支度が準備出来た11月初めのお菓子は亥の子餅でした。

    柔らかなお餅の中は漉し餡で、優しい味わい・・・

    昔、陰暦10月の亥の日(新暦は11月)亥の刻に、お餅を食べると万病を逃れ、猪の多産にあやかり子孫繁栄するとも言われたお祝いの行事となっていたそうです。

    この季節にしては暖かすぎる日が続いていましたが、炉のお稽古が始まったこの日は、
    背中にひんやりとした空気を感じることが出来ました。

    ああ、11月に入ったんやな・・・と。



    スポンサーサイト

    0
      • 2020.06.06 Saturday
      • -
      • 09:39
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << June 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      書いた記事数:2174 最後に更新した日:2020/06/06

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM