紅玉のりんごを使って

0
    紅玉りんご 

    先日青森から届いた紅玉りんごです。

    いい香り〜

    紅玉りんご

    磨いたらピカピカ〜♪

    紅玉りんごジャム

    まずは、この季節になると登場する、りんごの甘煮です。
    紅玉のダブルクリームロールケーキに使います。

    バニラとレモン果汁を入れて、甘酸っぱく煮詰めます。

    紅玉りんごジャム

    こちらはほんのりピンクの仕上がりになった紅玉らしいジャムです。

    皮と芯だけ先に炊いて、ペクチンを取り出した水分でりんごを炊きます。
    とろ〜り煮詰めたら出来上がり!

    一手間かかりますが、美味しく仕上がると・・・

    紅玉りんごジャム

    眺めているだけで嬉しくなります・・・

    紅玉りんごジャム

    いろなビンに詰めてみました。

    ジャムは詰める前も後もビンを煮沸したりと、下準備に結構手間がかかります。
    殺菌済みですが、大事に冷蔵庫にしまいました。(笑)

    紅玉りんごジャム

    ツーショットです!
    同じりんごには見えませんね。(笑)

    これで美味しいお菓子を作りたいと思っています。


    ◎今月、通常のご注文予約は終了させて頂きますのでよろしくお願いいたします。◎





    いちご いちご〜♪

    0
      いちごロール 

      こちらの画像は「まるごといちごロールケーキ」の中身です。
      大き目のいちごがごろ〜ん♪ごろん♪(笑)

      いちご

      こちらの画像はいちごクリームに使ういちご!

      いちごジャム

      小粒で真っ赤ないちごをしっかり煮詰めます。

      春のロールケーキには、このいちごを使ったロールケーキがいくつかありますが、
      ケーキによって甘さや濃さはそれぞれ変えています。

      4月になり、こんなふうに小粒で真っ赤ないちごが手に入りやすくなったので、4月は春いろロールを
      今月価格にする予定です。

      しかし、なんといってもこのいちごクリームは、いちごによって色合いやお味が大きく左右されます。
      お眼がねに適ういちごがなくなれば終了という事で、気になる方はお早めに〜

      4月のケーキは近日中にお知らせしますので、もうしばらくお待ちくださいね!


      春いろロールケーキ

      0
        春いろ中身 

        春いろロールケーキは通常のロール生地を薄くスライスしてから、
        こんなふうに、いちごクリームを一面に・・・

        薄い生地にクリームを薄く延ばして、くるくるくる〜♪

        私の中でこのロールケーキは、春色・・・って感じじゃなくて、春いろ・・・のイメージなので、
        「春いろロールケーキ」。

        いちご

        使ういちごは真っ赤で濃いものでなければ、綺麗なピンク色のいちごクリームにならない。
        だから、自分の目で適したいちごを選ぶ。

        いちごジャム

        1パックのいちごはこんなに少なくなっちゃう!(笑)
        お砂糖とレモン果汁を入れて、粒々を残して煮詰める。

        春色ロール

        着色料は使わないので、その時々で多少の色合いが変わるけど、
        生クリームにこの煮詰めたいちごをたっぷり混ぜ込んだら、甘酸っぱい春の味〜♪





        ロールケーキ生地と中身

        0

          生地

          私の作るロールケーキ生地。
          こちらの画像は焼き立て〜♪

          卵黄と卵白を別立てにして、粉を丁寧に合わせバターも混ぜ込んで・・・

          バ〜ン!と張りのある焼き上がりになったら大成功!

          なかみ

          こちらは以前もブログでUPした画像だけど、こんなふうにたっぷりの中身をロールするのは、
          緊張の一瞬!
          焼き目の生地が割れたり剥がれたりしたら、ガ〜ン!!

          ダブルクリームロールのいちごは、生クリームもカスタードクリームもたっぷり入れたいけど、
          フレッシュないちごだって沢山入れてあげたい。

          ロールした生地の中に入るクリームやフルーツは、上手く巻き終えられる分量。

          少なければ容易に巻き終えられるけど、バランスを考えて出来るだけこの中に閉じ込めたい。

          もう、この量はMAX!
          いちご1個増やしただけで、ぐにゅ〜と何かがはみ出る。(笑)

          チョコバナナ中身

          こちらの中身はチョコバナナ♪
          チョコレートクリーム・・バナナ・・チョコレートガナッシュクリームの順。

          巻いた時、なるべくバナナが中心にくるように、曲がっていないバナナ、そして太すぎないバナナ、
          そしてなんといっても食べ頃のバナナを使うようにしている。

          ショコラ

          ショコラロールの様に、チョコレートガナッシュを塗ってから生クリーム。
          こちらは生クリームとチョコレートが混ざってしまわないように細心の注意を払って。

          共立生地

          でも、生クリームだけでも手は抜けない!(笑)

          美味しくて、美しいロールケーキにこだわりたい。

          春色ロール

          3月は春いろロールケーキも加わります。

          3月のケーキ内容はもうしばらくお待ち下さいね!


          ローストカカオ豆

          0
             カカオ豆

            マダガスカル産のカカオ豆

            これはローストする前のもの。

            カカオ豆

            130度のオーブンで30分程度焼いてから皮をむく・・・

            皮というより殻といってもいいかも。
            ピーナッツのようにスルッ〜と剥けたら楽だけど、そうはいかない。

            カカオ豆

            綺麗に皮を剥いた状態。
            チョコレートを作る場合は、ハスク(薄皮)も取り除くらしいけれど、
            これは機械の風の力で吹き飛ばすらしい。

            カカオ豆

            カカオ豆を割るとこんな感じ。
            中にはまるで鉛筆の芯ような硬い胚芽が現れる。

            カカオ豆

            なるべく取り除く・・・地道な作業。

            カカオ豆

            綺麗にお掃除できました〜。
            出来立てカカオニブ!

            チョコレートにするには、ここからが大変。
            実に多くの作業をしなければならないらしい。
            滑らかなチョコレートを手作りする・・・これは人力では・・・無理・・といってもいいかな。

            カカオブラウニー

            チョコレートを豆から作るのは至難の技なので、私はカカオブラウニーへ混ぜ込んで・・・

            白っぽく写っているのはくるみ。
            カカオ豆とチョコチップは見えないけれど、カカオの風味がする♪

            このブラウニーはナッツも入って、ポリフェノールたっぷりのカカオパウダーやカカオ豆がたっぷり〜
            カロリーも気になるけれど美容にも◎!(と思いたい)

            なんといっても食べた満足感と幸せ感が、美容につながっている様に感じるのは
            食べたい人の言い訳かな。(笑)



            発送物語

            0
              梱包 

              こちらの画像はロールケーキ2本が入ったケーキ箱の外箱ダンボール。
              こうやってスタンプを押して手作りシールを貼る。
              そして送り状と冷蔵シールを貼って完成。

              梱包

              ちょっと画像が見にくいけれど、こちらは1枚目の画像の箱を荷物を入れる前に撮ったもの。
              箱裏底の両側に滑り止めのテープを貼る。

              冷たいダンボール箱は何となくサラサラしていて自分で持っても持ちにくい。

              箱を組み立てる時、この部分にもテープを貼れば滑り止めの様になり、
              配達の方がちょうど両手に持った時に箱が持ちやすいのでは・・・
              と考えてそうしている。

              いつも配達をお願いしているヤマトさんは丁寧に荷物を扱って下さる。

              「お願いします〜!」
              「はい、お預かりします!」

              どうぞ無事に届いてね・・・と、いつも私の作ったケーキを送り出している。

              袋

              こんな味気のないナイロン袋に入れて、いざダンボール箱へ。
              この袋は、ぴったり入っているケーキ箱を単に取り出し易くする為だけの物。

              袋

              でも、「お遣い物にしたいので。」とか「お誕生日にあげたいので。」と伺っている方には、
              ちょっとケーキ屋さんらしくの袋をお付けしている。

              以上、発送物語でした。(完!)



              美味しい食べ方

              0
                カフェオレ 

                ロールケーキの断面

                これは冷凍から解凍して切ったカフェオレロールケーキの画像です。
                おやつ用に切ったので、いつもの画像よりはクリーム感が出てるかな。

                「お写真の様に、綺麗にロールケーキを切るコツはありますか?」
                という、ご質問が時々あります。

                まず、ナイフ(包丁)は特別なものでなくて大丈夫!
                でも、出来るだけ手持ちのナイフの中で、刃の薄いものを選んで頂くのが良いかと思います。

                出来れば切る前に研ぐ・・・(これ、面倒ですよネ。分かります・笑)
                そして研いだナイフは温める。
                温め方は熱湯で温める、ガスの火をかざして温める。
                どちらにしても、手で触れるくらいに・・・
                でないと、ジュッとケーキが泣いてしまいます。(笑)

                切る時のナイフの動かし方は、押して引いて押して・・・
                これの繰り返しが少ないに越した事はありません。
                加えて、慎重に・・・かつ力を入れながら力を抜く?
                いわゆる浮かすような感じで私はカットしています。
                力だけ入れると潰れてしまって、綺麗な断面が出ないばかりか楕円のロールに〜。

                そして、切るごとに綺麗に拭く。
                これはとっても重要★!
                クリームがついたナイフで切ると悲惨になっちゃう。!

                ケーキを美味しく食べる厚みは、お皿に盛り付けてフォークで食べる場合は3cmくらい、
                手でつまんで食べるんだったら2cmくらいがベストかな。

                なんでもそうだけど、美味しいと感じる「厚み」ってありますよね。
                かまぼこだったり、お刺身だったり・・・

                でも、お好みなのでその場合は厚切りロールでどうぞ〜。

                ちなみにカットが難しいロールは、抹茶ロール(甘納豆が動きやすいので、よく切れるナイフで)
                そしてチョコレート系のロールケーキも・・・。
                寒い時期は少しだけ常温に置いてからカットする方がいいです。
                濃厚なチョコレートクリームは固めなので、「ムム固・・・」って事に。
                もちろん、お口の中でとろけるチョコクリームは美味しいですよ〜♪
                冬場はやっぱりチョコ系はずせない〜〜。

                クリームチーズ

                この画像はクリームチーズロール。(食べながら・・・ふふ)
                2週間くらい冷凍しておいたけど、解凍しても生地はふんわり〜、クリームもとろり。

                私のお届けするロールケーキは、結構大きくてボリュームがあります。
                少人数の方で1本分をお召し上がり頂くには、多過ぎる場合も・・・
                そんな場合は、お届け後すぐでしたら冷凍保存して頂けます。

                保存料を使っていないので、2日以内で消費出来ない場合は冷凍して頂くのが賢明です。
                もちろん、ロールケーキはお届け当日が一番美味しいので、
                出来るだけ美味しいうちに冷蔵で召し上がって頂きたいです。

                クリームチーズ

                これは完全に解凍してますけど、クリームチーズロールはわざわざ凍らせて食べるのが好き!
                って方もおられます。
                アイス風になって美味しいそうです。
                寒い時期に暖かいお部屋で食べるアイス風もいいかも〜♪




                ロールケーキの中身

                0
                  りんごロール 

                  ダブルクリームロールケーキ・りんご

                  こんな風に中身はたっぷり〜。
                  手前はぽってりカスタードクリームに、甘酸っぱく煮た紅玉りんごの甘煮です。

                  フルーツ系のロールケーキは、クリームもフルーツも沢山巻きたいので分量に悩むところです。

                  なんと言ってもこの生地をくるりとロールした中身の体積は、最大量が決められているわけで・・・
                  欲張って沢山の中身にすると最後まで綺麗にロールできない=はみ出る。というわけです。

                  もちろん、優しくロールしないとスフレ生地の焼き目が剥がれたり、割れが生じたりします。
                  私が焼いている生地はロールしやすい薄い生地ではなく、結構厚みがあるので
                  特に失敗につながりやすいのです。

                  何本ロールしても、この作業は緊張します。

                  いつも上手くロール出来るように「美味しくな〜れ!」と気持ちを込めてロールしています。


                  抹茶生地

                  抹茶ロールの甘納豆

                  甘納豆の小豆は北海道産です。

                  抹茶ロールはどこを切っても、甘納豆が出てくる様に、こんな風に並べてあります。
                  画像は焼成後に紙を剥がした所です。
                  こんな風にお行儀よく・・・

                  あとは宇治の抹茶と純生クリームで作った濃い抹茶クリームをくるりとロールしています。
                  苦味のある抹茶クリームと、甘納豆のお陰でバランスよい仕上がりになっています。






                  お菓子の材料

                  0
                    ヴァローナチョコ 


                    チョコレートのロールケーキに使うヴァローナのチョコレートです。


                    ヴァローナチョコ


                    くるくるチョコクリームロールのチョコレートクリーム1本に使う量です。
                    生クリームと混ぜると美味しいチョコクリームに〜

                    シンプルロールのチョコもこれを使いますが、量は2割ほど少なくなります。




                    お菓子の材料

                    0
                      カスタード 


                      マダガスカルのバニラービーンズを使って炊き上げた、ぽってりしたカスタードクリーム。
                      牛乳は無調整牛乳使用。


                      バニラ


                      マダガスカル産の上質なバニラビーンズです。
                      カスタードクリームの他に、バニラチーズケーキ、プリンやその他の焼き菓子にも使います。


                      カカオ豆


                      カカオ豆
                      マダガスカルのカカオ豆です。
                      苦味と酸味があって、皮をむいて食べると独特な発酵臭と旨みがあります。
                      ブラウニーやクッキーに使います。


                      使っているお菓子の材料

                      0
                        玉 


                        広島県「石本農場の生みたて真卵」を使用しています。
                        安心で美味しい卵です。


                        バター


                        以前気に入って使っていたタカナシ乳業のチルドバターは現在入手困難になり、
                        他メーカーの国産バターを使っています。

                        現在では、メーカー統一での入手も困難な為、バターの変更は避けられません。
                        風味の点で変わる場合はご了承下さい。

                        生クリームは以前と同様の純生クリーム。
                        クリームチーズはオーストラリア産。


                        砂糖


                        お砂糖いろいろ・・・
                        お菓子により使い分けています。
                        お砂糖によって焼き上がりが変わってくるのは面白いですね。


                        お菓子作りの道具その1

                        0
                          オーブン 


                          小さいですが私がお菓子作りをしている業務用ガスオーブンです。
                          このオーブンの他にも電気オーブンを設置していますが、
                          ほぼこのガスーオーブンを使っています。


                          道具2


                          私が使っているお菓子の型や道具の一部です。
                          もう何年も使っています。


                          道具1


                          こちらは主に生地の混ぜに使う道具です。
                          使いやすく清潔にフックに引っ掛けています。


                          季節のりんごとかぼちゃ

                          0
                            りんご 

                            画像は季節の「ダブルクリームロール・りんご」に使うりんごの甘煮です。

                            紅玉はいちょう切りにして、バニラビーンズと一緒に煮詰めます。
                            甘さはかなり控えめ・・・
                            そしてレモン果汁も入れるので、紅玉の甘酸っぱさ+レモンの酸味で、甘煮というよりは酸っぱ煮?

                            でもこの甘酸っぱい紅玉が、甘いカスタードクリームにメリハリを生みます。
                            そこにミルキーな生クリーム・・・
                            しっとりスフレの生地に包まれて、一口食べると思わず顔がほころびます。

                            今回、この紅玉は長野県産を使用しています。



                            かぼちゃ

                            こちらの画像はかぼちゃを蒸した所です。

                            今回使用しているのは、季節の北海道産かぼちゃです。
                            ほっくりしていて、味付けしてない状態でも甘くて美味しい〜。

                            このかぼちゃは、皮と身を分けます。
                            身の部分は粗くつぶします。
                            そして皮の部分は厚めに削ぎます。

                            この皮に近い部分は美味しいので、切ってかぼちゃケーキに混ぜ込みます。
                            ケーキをカットすると断面に緑の皮と黄色い身が見えて美味しそうです。(うん、美味しいです。)

                            そして、かぼちゃのロールケーキには生地にもクリームにも身の部分をたっぷりと使います。
                            なので、どっしり重いケーキになります。

                            季節の美味しいかぼちゃを皆さんに召し上がって頂きたいです!






                            PR

                            calendar

                            S M T W T F S
                             123456
                            78910111213
                            14151617181920
                            21222324252627
                            282930    
                            << June 2020 >>

                            selected entries

                            categories

                            archives

                            recent comment

                            links

                            profile

                            書いた記事数:2174 最後に更新した日:2020/06/06

                            search this site.

                            others

                            mobile

                            qrcode

                            powered

                            無料ブログ作成サービス JUGEM