ホワイトチョコクリームロールケーキ

0

    ホワイトロール

    ホワイトチョコクリームロールケーキ


    生地はLサイズの卵を5個使った、別立てスフレ生地です。

    甘さにグラニュー糖を使って、焼き目が中になる様にしています。

    ヴァローナのホワイトチョコレートと生クリームを合わせた
    クリーミーで上品な味わいに仕上がっています。

    フルサイズ1本は約22cm・2100円です。
    到着日を含めて2日以内にお召し上がり下さい。



     


    モカロールケーキ

    0

      モカロール

      モカロールケーキ


      生地はLサイズの卵を5個使った、濃厚ココアの別立てスフレ生地です。
      丁寧に粉を混ぜ合わせたきめ細かいスポンジ生地は、柔らかいだけでなく弾力があります。


      乳脂肪47佑里曚鵑里螢薀犲鯢味の生クリームに、中心には苦味の利いたコーヒークリーム。
      ココア生地と、2種類のクリームがお口の中で混ざり合う、大人向きのロールケーキです。


      フルサイズ1本は約22cm・1900円です。
      到着日を含めて2日以内にお召し上がり下さい。


       


      試作いろいろ

      0
         きなこシフォン

        試作その1

        きなこシフォンケーキ

        きなこシフォン

        ちぎってみると、「しゅわっ」って聞こえる。
        口の中で溶けるような・・・。

        もう少しきなこの味を濃くしてみよう〜。

        あん生抹茶ロール

        試作その2

        餡なま抹茶ロール

        どこにでもありそうな餡子と生クリームの組み合わせ〜。

        普通に美味しい♪
        でも、感動が今一歩!

        いつもの抹茶生地より、もう少し抹茶を濃くしてみよう。
        それとバランスが取れるように、餡も甘く調整してみよう。

        小豆

        餡を炊いている様子・・・

        バニラシフォンカスタード

        試作その3

        カスタードサンドのバニラシフォン

        バニラシフォンの相性には生クリームが多いけれど、
        あえてカスタードクリームサンドに。

        にっこり〜♪の美味しさ!

        あとは、シフォンにもう少し調整が必要。


        美味しく出来たら新メニューに加えますね!



        発送物語

        0
          梱包 

          こちらの画像はロールケーキ2本が入ったケーキ箱の外箱ダンボール。
          こうやってスタンプを押して手作りシールを貼る。
          そして送り状と冷蔵シールを貼って完成。

          梱包

          ちょっと画像が見にくいけれど、こちらは1枚目の画像の箱を荷物を入れる前に撮ったもの。
          箱裏底の両側に滑り止めのテープを貼る。

          冷たいダンボール箱は何となくサラサラしていて自分で持っても持ちにくい。

          箱を組み立てる時、この部分にもテープを貼れば滑り止めの様になり、
          配達の方がちょうど両手に持った時に箱が持ちやすいのでは・・・
          と考えてそうしている。

          いつも配達をお願いしているヤマトさんは丁寧に荷物を扱って下さる。

          「お願いします〜!」
          「はい、お預かりします!」

          どうぞ無事に届いてね・・・と、いつも私の作ったケーキを送り出している。

          袋

          こんな味気のないナイロン袋に入れて、いざダンボール箱へ。
          この袋は、ぴったり入っているケーキ箱を単に取り出し易くする為だけの物。

          袋

          でも、「お遣い物にしたいので。」とか「お誕生日にあげたいので。」と伺っている方には、
          ちょっとケーキ屋さんらしくの袋をお付けしている。

          以上、発送物語でした。(完!)



          柚子と黒豆入りのバターケーキ

          0
            バターケーキゆず黒豆 

            バニラ黒豆とゆずのバターケーキ

            卵黄と卵白を別立てにして作るレシピのバターケーキ。
            冷たくても固くならずに、しっとり食感♪

            ヴァニラ黒豆

            黒豆はバニラ入り+少量のラム酒を仕上げに。

            えっ・・黒豆にバニラ?と思われるかもしれないけど、
            栗の渋皮煮の様なお味に変身〜!

            一粒一粒つまんで食べる・・・「うん!美味しい〜。」
            でも「これだけにしておこう!」って強い意志を持たないと、いつまでも食べちゃう!(笑)





            牛乳まるパン

            0
              まるパン 

              牛乳たっぷり〜!まるパン♪

              こんがり焼き立ての図。(笑)

              伸びやかな生地のまるパンは、牛乳、バターがたっぷり入って甘めの生地。
              ふ〜んわり、も〜っちり♪

              レシピは・・・

              強力粉 300g
              ドライイースト 6g
              砂糖とバター 各40g
              塩 5g
              40℃以下の温めた牛乳 220g

              とても捏ね易く、成形し易い配合。

              焼く直前に、卵白か全卵溶き卵を塗って、ガスオーブンだったら180℃で8〜10分程度の焼成で。

              まるパン

              この生地は菓子パンにも最適なので、中にクリームやジャム、餡を入れたり
              チョコチップやレーズンを混ぜ込んだり・・・
              2次発酵前に、クッキー生地をのせればクッキーパンやメロンパンの様に。

              300gの粉で結構楽しめる♪
              寒い冬は発酵に時間がかかるけど、焼き立てパンは格別〜♪




              袋詰めのクッキー

              0
                クッキー 

                クッキーの詰め合わせは、子供さん向けのオーダーで。

                子供さん向けにと、去年の暮れからご注文をお受けしていた焼き菓子。
                そして1週間くらいかけて、その都度お渡しされるとの事。

                なので、日持ちのするクッキーを詰め合わせにさせていただく事に。

                私も知っている子供さん達。
                ご褒美をもらっている嬉しそうな顔を思い浮かべながら・・・
                そしていろいろ少量、形や色も変えながら・・・。
                ラッピングは簡素だけれど、華やかにレッド♪

                キッフェルン

                お月様の形をしたキッフェルン♪

                クッキー

                メレンゲは、ほんのりピンク〜♪
                くるりんツートンのココア&プレーンのクッキー。

                クッキー

                香ばしいアーモンドチュイル♪

                クッキー

                喜んでもらえたかな〜

                焼き菓子のラッピングは手間がかかるけど、嬉しい笑顔を思い浮かべながらの作業は楽しい〜!

                 年明けのご注文は、今週末からお受けさせて頂きます。明日までにはお知らせしますね。



                やきもち

                0
                   焼き餅

                  北野天満宮近くの天神堂の焼き餅

                  自宅から歩いても行ける北野天満宮。
                  8日、遅めの初詣に出かけて帰り際に買ったもの。

                  お店の方に「今、食べま〜す。」って言ったら、ガラスケースの中でなく
                  後ろの方からラップに包んだやきもちを出して紙袋に入れて下さった。

                  食べる前に、お守りの外袋の上に並べてパチリ!

                  焼き餅はまだほんのりとだけ温かさが残っていた。
                  中身の粒餡は、ほどよい甘さ・・・
                  外側のお餅は香ばしく焼けていて、餅皮は薄いんだけど存在感がある。
                  すっきりと後味の良い美味しい焼き餅だった♪

                  食べ歩きなんて普段はする事がないけれど、この時期、ここの通りは許される感じ・・・(笑)

                  焼き餅

                  天神堂の前は参拝後の人々がちらほら・・・
                  店先で食べる方や、中の椅子に腰掛けて食べる方も。

                  北野天満宮龍の絵

                  今年の絵

                  北野天満宮は、人だかりが絶えない多くの参拝者で賑わっていた。

                  今年は自分のお願い事をする人に加えて、広く祈る気持ちの方も多かったに違いない。


                  ずぼらパン(笑)

                  0

                    ずぼらパン

                    こんがり焼けた皮目が美味しそうなこのパンは、我が家では「ずぼらパン」と呼ばれている。

                    名づけ親は主人・・・
                    手をかけて焼いているのに失礼しちゃう・・・

                    でも、そう呼ばれても納得の超簡単手作りパン!

                    1・混ぜる→2・置く→3・混ぜる→4・置く→5・混ぜる→6・置く→7・焼く
                    と、3回混ぜて2回置いておくだけで美味しいパンが焼ける!


                    ★作り方と分量★

                    強力粉300g(スーパーカメリヤ等のごく普通のものでよい。)
                    ドライイースト、塩、砂糖、各5gを用意する。

                    ずぼらパン

                    材料を大き目のボールに入れて泡立て器等でぐるぐる混ぜる。
                    お箸で混ぜてもいいけれど、満遍なく混ぜる事。

                    ずぼらパン

                    40℃までのぬるま湯270gを投入。

                    ずぼらパン

                    今度はお箸でぐるぐる混ぜる。粉が見えていてよい。
                    (泡立て器で混ぜると生地が詰まって混ぜられない。)

                    このままラップをして10分くらい置く。(暖かい室温でもOK)

                    ずぼらパン


                    次はゴムベラで底からひっくり返す様にこねる。
                    粉が見えなくなるくらいでいいので、20回くらいで十分。

                    ラップをして更に10分くらい置く。

                    ずぼらパン

                    先ほどの混ぜを、回数を少なめに繰り返す。

                    沢山混ぜると気泡が少ない目の詰まったパンになるので、混ぜすぎは禁物だけれど、
                    混ぜ足りないと、焼いたパンから粉が出没(笑)するので加減する。

                    ラップや袋を掛けて20分くらい発酵させる。
                    発酵温度は30〜40℃くらいの室温やオーブンがベストだが、
                    急がなければ冬場の室温でも時間をかけて発酵する。

                    ずぼらパン

                    こんなふうに大きくなってくる。

                    ずぼらパン

                    膨らんできた生地を、まな板等に強力粉を多めに振って取り出す。
                    つきたてのお餅以上に柔らかいので、ここからはカードやヘラ等を使う事。
                    カードを使って淵から粉を掛け、上からも粉を振る。

                    ずぼらパン

                    これを2等分にカットする。

                    ずぼらパン


                    ここからは、とっても生地が扱いにくいけど、粉さえあれば手には付かないので、
                    生地を大切に、手に丸め込むようにしてオーブンシートを敷いた天板の上に置く。

                    ずぼらパン

                    底のパンのとじ目は気にしなくてよい。
                    上面さえ綺麗なら、底部分は発酵している間にくっつく。

                    発酵は大きめのナイロン袋を風船みたいにこんもり掛けて閉じれば、
                    パン生地が傷つかずに済む。

                    ずぼらパン

                    オーブンをパンを焼く温度に予熱する。

                    生地が天板一杯に大きく膨らんだら、たっぷりの水を霧吹きでかける。
                    よく切れるナイフでクープ(切れ目)を入れる。
                    ナイフをその都度、水で濡らしながら入れると上手くいく。
                    (こんな大雑把でもOK〜)

                    水分が多いパンなので、気温が低くても室温で発酵するので様子を見てオーブンに入れる。

                    ずぼらパン

                    ガスーオーブンだったら180℃で18分くらい。
                    電気オーブンだったらもう少し高めで、こんがりの焼き目がつくまで焼成する。

                    ずぼらパン


                    24cm×28cmの天板だと、こんなふうに仲良しになっちゃうけどこれもご愛嬌♪
                    2枚で焼くのが面倒・・・という面倒がりの私・・・自宅用という事で。(笑)

                    このパンは皮の部分が特に美味しい♪
                    私はバターをのせて食べるのが一番好き!パンの美味しさがかみ締める程にわかる。

                    捏ねなくていいし、発酵時間も少ないし・・・何かしながらでも手軽に作れる。

                    やっぱり・・・「ずぼらパン」だネ。(笑)


                     


                    簡単りんごパイ

                    0
                      りんごパイ

                      忙しい年末やお正月のデザートには、こんな簡単りんごパイが手軽で美味しい〜♪

                      冷凍パイシートを冷蔵庫で解凍して、オーブンシートの上に出す。
                      伸ばしたりせず、フォーク等で空気穴を一面にあける。
                      薄切りにした生のりんごを並べて、グラニュー糖とシナモン少々を満遍なく振る。
                      小さく切ったバターを所々に散らして、200℃くらいのオーブンで25分程度焼く。
                      放射状にカットする。

                      たったこれだけ!

                      りんごをのせて焼くので、端っこしか膨らまないけど、ちゃんとパイのバターの味わい。
                      りんごが焦げる場合は途中で天板の向きを入れ替えるか、アルミ箔をかぶせる等工夫して。
                      しっかり底の部分も火が通る様に焼かないと、底がフニャフニャになる。

                      そのまま手でつまんで食べてもよし。
                      バニラアイスを添えると、ちょっとしたデザートにも♪
                      焼き立てでも、冷たくてもイケる。

                      子供たちは「ロールケーキより好きやわ〜。」とか、「こっちのが旨い!」とか・・・

                      「あっ、そ。」「ロールケーキはもう作ったあげへんし。」と、口を尖らせる私。
                      「ま、わかるわ・・簡単やけど美味しいもんな。」と、これは口には出さず。

                      ちなみにこのパイシートはベラミーズパイシートという冷凍のシート。
                      四角のものが3枚入っていて、スーパーや百貨店等で700円くらいで売っている。
                      マーガリンで作ったパイシートは香りがないけど、ちゃんとバターで作ってあるので
                      手軽なのに美味しい〜。

                      平面が大きいデザートは見た目豪華なので、沢山人が集まる時には
                      「おお〜〜!」て言ってもらえそう。(笑)






                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      書いた記事数:1920 最後に更新した日:2019/09/14

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM