柚子風味のフィナンシェ

0
    フィナンシェゆず 

    柚子風味のフィナンシェ

    お鍋の恋しい季節・・・
    柚子も又、冬には欠かせない〜。

    で、フィナンシェに柚子の皮をすりおろして加えてみた。
    アクセントに黒豆♪

    黒豆は我が家の箸休めに常備炊いているので、ケーキ用にとっておいたもの。

    ケーキに柑橘類が入っていると、苦手な方がいらっしゃるけど香りはほんのり〜

    黒豆

    普段使いに丹波の黒豆は高級過ぎるので、いつもは北海道産の黒豆・・・十分美味しい〜!
    だってご飯のあと皆が食べるのですぐなくなっちゃう!

    ご飯の後に緑茶とほっこり〜♪お腹も気持ちも満足!




    11月のお菓子 初霜

    0
      主菓子 

      紫野源水さんの初霜

      秋が深まる晩秋・・・
      澄み切った空気を感じる早朝に降りた初霜・・・

      紅葉が進み、細かな粒子の霜がこのお菓子に表れています。

      画像では分かりにくいですが、霜は凍り餅の粉が繊細に振ってあるようです。
      中身はあっさり粒餡。

      茶室は炉にかけた釜の湯の沸く音・・・湯気・・・
      お部屋の中にいるからこそ感じる空気です。

      いよいよ冬到来〜

      みそ松風

      お稽古にいらっしゃる方々が時々差し入れをして下さいますので、
      お菓子のお盆は賑やかです。

      こちらは味噌松風と茶団子・・・
      他のお菓子も持ち帰り、美味しく頂きました。



      ビスキュイフルーツロールケーキ

      0
        ビスキューイ 

        試作で考えていたビスキュイ生地のロールケーキが仕上がった!

        ビスキューイ

        出来上がった生地は絞り袋に入れて、何列にも絞ってたっぷり粉糖を振って焼く。
        溶けたお砂糖が焼けて膜を作り、サクっとした生地に仕上がる。

        ビスキューイ

        生地にはカスタードと生クリームを合わせたものを全体に塗って、手前には生クリーム・・・
        こんな風にフルーツをたっぷり〜♪

        通常の天板より大きなもので焼いている生地なので、その分クリームもフルーツもたっぷりの
        容量が入るってわけ!
        そして、くるくるっ〜と、まさしく嬉しくなるロール!

        ビスキューイ

        スフレ生地と違ってほわっとしていて、甘い生地・・・
        お届けの頃には生地はさくっとした食感がなくなっていると思うけど、クリームとフルーツとも馴染んで
        しっとりした食感に変身〜!
        甘酸っぱいフルーツと甘い生地・・・そして組み合わせは最高のダブルのクリーム♪
        意外とあっさり食べられる感じ〜。

        ビスキューイ

        こちらはココア生地に同様にクリームを塗って、いちご&バナナにしてみた。

        ビスキューイ

        ビスキュイココア&フルーツの一口目〜♪

        家族にはプレーン生地&フルーツの方が好評だった。
        もちろん、私も・・・
        ダブルクリームの良さはプレーン生地の方がより美味しく感じる。
        でも、これは好みだし見た目にココア生地に魅力を感じる方もいらっしゃるはず。(笑)

        但し、濃厚スフレ生地と違ってそれほどココアの味はしない。
        スフレ生地の方は、とにかくカカオパウダーが粉よりうんと多いから・・・
        っていうか粉はごく少量なので。

        ビスキュイココア生地は沢山のカカオパウダーを入れると、
        絞っているうちに気泡が消えてしまうので、このぐらいが限度かな・・・

        どちらにしても、この2本はクリスマス向けにボリュームがあって華やかなのでピッタリ〜♪

        ・・・なんでもないのに、子供達に2日も続けてこんな豪華なロールケーキを食べさせてしまった・・・
        「当日は期待しないでよ。」と心の中で独り言〜〜。













        ビスキュイロール

        0
          ビスキューイ 

          ビスキュイ生地で焼いたロールケーキ

          中身のクリームはカスタードクリームと生クリームを混ぜたもの。
          さっくりした生地は、絞り袋に入れて絞りながらの作業になる。
          真っ直ぐ綺麗な直線を絞るのって、難しくて腕が辛い。(苦笑)
          そして絞った生地に粉糖をたっぷり振って焼く。

          末っ子の息子は「お母さん、もっとこの生地のロールケーキ作ってーや!こっちの方が好きや!」と・・・

          ま、好みはいろいろなので「はいはい、又ね。」と言っておいた。

          ビスキューイ

          いつもより大きな天板で焼きたかったので、電気オーブンで焼いた。
          クリームは残りものを利用したので少なめ・・・そして生地が甘い分、甘さ控えめにしてみた。
          甘酸っぱいフレッシュフルーツをロールしたら、もっと美味しくなる。

          商品としてお出しするにはもう一工夫!
          そろそろ いちごもお目見えする時期なので、又時間がある時に試作してみようっと!






          パンいろいろ

          0
            チョコパン 

            チョコチップ&くるみのスティックパン♪
            し〜っかりチョコの味!
            これはおやつの部類だな〜

            アンパン

            思いっきりアンパンマン♪

            アンパン

            中身の粒あんは、お手軽に井村屋の缶詰の粒あんを使って・・・
            「ん?あんまんの味がするっ!」
            って、そんな事言ってるのはだ〜れ?(笑)

            クリームパン

            食パンの生地でクリームパンを作ったら、ちょっとパンが固めになってしまった。
            やっぱり、牛乳入りのパン生地がベストかな・・・

            クリームパンってカスタードクリームは冷やしておくのがベストだけど、
            パンは冷蔵庫じゃ美味しくなくなる・・・
            私はすぐに食べない時は、とりあえず冷蔵庫に入れる。
            食べる時、少しレンジで温めてから、トースターで少し焼く。
            これでふんわり美味しい〜♪
            こうすれば、保存料の入っていないクリームでも安心!

            ピザパン

            ベーコンもハムもなかったので、パインとパルメジャーノをのせて焼いたピザ風パン。
            具が寂しい・・・という理由で人気がなかった。
            「ゼイタク言うんじゃないっ!」と私・・・「もぉっ!」

            コーンパン

            コーンマヨネーズと黒コショウのパン♪
            はふはふっ!やっぱ、焼き立てっしょ!(笑)




            出町ふたばの豆餅

            0
               豆餅

              ふたばの豆餅

              久々の豆餅!
              やっぱり美味しかった〜♪

              日曜の午後から主人と賀茂川へウォーキングに出かけた。
              その帰り際の会話・・・

              「並んでるかな・・・」と主人。
              「どうやろ・・・」と私。
              「ま、通って帰ってみるか!」

              この、並ぶか並ばないかの言葉が入っているだけで、場所がわかる。(笑)
              近くを通るといつも行列を見ては、あきらめる事がしばしば。(行列苦手〜)

              で、行ってみた!
              時間はうっすら暗くなる夕方5時を過ぎていた・・・
              やった!並んでいる人は5,6人くらい!

              わっ、豆餅ある〜!よく見ると栗餅も・・・えっ、あと5個で売り切れか〜。
              並んでいる2人が、栗餅をお買い上げだったので、惜しくも栗餅は買うことが出来なかったけど、
              豆餅はゲット!(やった〜!)

              久しぶりの豆餅!
              相変わらず美味しい〜。噛み締めるように食べた。
              中身の画像はなし・・・
              だって食べてる途中で画像を撮るのって美味しさが減ってしまうから。(笑)

              普段、昼間はとてもじゃないけど、あの行列に並ぶ気はしないので今回はラッキーだった。

              豆餅は絶対に当日の作り立てに限る!
              このしっかりしたお餅の食感と赤えんどうの丁度いい塩気。
              甘すぎない漉し餡。
              丁度いい美味しさは、舌にピタッ!とくる!ピントが合ってる美味しさ!
              そして余韻が残る・・・

              栗餅だけは11月で終わりなので、近いうちにもう一回賀茂川へウォーキングに行かなくては・・・
              もちろん、午後の遅めの時間が狙い目!ふふ・・・






              11月のお菓子 紅葉

              0
                もみじ 

                紫野源水さんの紅葉

                「もみじ」をかたどった主菓子です。
                中身は白餡で、まったりとしています。
                黒文字で切って頂く時に、中身の白餡とのグラデーションが美しいです。

                今年は11月に入っても暖かな日が多かったですが、ようやく京都も秋らしくなってきました。

                もみじ

                秋らしく、いろとりどり・・・





                美味しい食べ方

                0
                  カフェオレ 

                  ロールケーキの断面

                  これは冷凍から解凍して切ったカフェオレロールケーキの画像です。
                  おやつ用に切ったので、いつもの画像よりはクリーム感が出てるかな。

                  「お写真の様に、綺麗にロールケーキを切るコツはありますか?」
                  という、ご質問が時々あります。

                  まず、ナイフ(包丁)は特別なものでなくて大丈夫!
                  でも、出来るだけ手持ちのナイフの中で、刃の薄いものを選んで頂くのが良いかと思います。

                  出来れば切る前に研ぐ・・・(これ、面倒ですよネ。分かります・笑)
                  そして研いだナイフは温める。
                  温め方は熱湯で温める、ガスの火をかざして温める。
                  どちらにしても、手で触れるくらいに・・・
                  でないと、ジュッとケーキが泣いてしまいます。(笑)

                  切る時のナイフの動かし方は、押して引いて押して・・・
                  これの繰り返しが少ないに越した事はありません。
                  加えて、慎重に・・・かつ力を入れながら力を抜く?
                  いわゆる浮かすような感じで私はカットしています。
                  力だけ入れると潰れてしまって、綺麗な断面が出ないばかりか楕円のロールに〜。

                  そして、切るごとに綺麗に拭く。
                  これはとっても重要★!
                  クリームがついたナイフで切ると悲惨になっちゃう。!

                  ケーキを美味しく食べる厚みは、お皿に盛り付けてフォークで食べる場合は3cmくらい、
                  手でつまんで食べるんだったら2cmくらいがベストかな。

                  なんでもそうだけど、美味しいと感じる「厚み」ってありますよね。
                  かまぼこだったり、お刺身だったり・・・

                  でも、お好みなのでその場合は厚切りロールでどうぞ〜。

                  ちなみにカットが難しいロールは、抹茶ロール(甘納豆が動きやすいので、よく切れるナイフで)
                  そしてチョコレート系のロールケーキも・・・。
                  寒い時期は少しだけ常温に置いてからカットする方がいいです。
                  濃厚なチョコレートクリームは固めなので、「ムム固・・・」って事に。
                  もちろん、お口の中でとろけるチョコクリームは美味しいですよ〜♪
                  冬場はやっぱりチョコ系はずせない〜〜。

                  クリームチーズ

                  この画像はクリームチーズロール。(食べながら・・・ふふ)
                  2週間くらい冷凍しておいたけど、解凍しても生地はふんわり〜、クリームもとろり。

                  私のお届けするロールケーキは、結構大きくてボリュームがあります。
                  少人数の方で1本分をお召し上がり頂くには、多過ぎる場合も・・・
                  そんな場合は、お届け後すぐでしたら冷凍保存して頂けます。

                  保存料を使っていないので、2日以内で消費出来ない場合は冷凍して頂くのが賢明です。
                  もちろん、ロールケーキはお届け当日が一番美味しいので、
                  出来るだけ美味しいうちに冷蔵で召し上がって頂きたいです。

                  クリームチーズ

                  これは完全に解凍してますけど、クリームチーズロールはわざわざ凍らせて食べるのが好き!
                  って方もおられます。
                  アイス風になって美味しいそうです。
                  寒い時期に暖かいお部屋で食べるアイス風もいいかも〜♪




                  ソフト芋けんぴ

                  0
                     
                    お芋さんのかりんとう・・・

                    さつま芋が美味しいこの季節、ちょっと甘いものが恋しい時の一品。

                    いもケンピ

                    さつまいもを皮のついたまま5mm〜8mmくらいに細切りして、さっと水に漬けてアクを抜いてから、
                    しっかり水切りしたさつま芋を油で揚げる。

                    ※水切りしていないと油がはねるので注意!


                    いもケンピ

                    柔らかさが残るくらいのさつま芋を揚げて、油を切っておく。

                    フライパンや、底の広いお鍋にグラニュー糖60gと水20gを入れて、20〜30秒火にかける。

                    ★この時は中くらいのお芋さんを2本使用。量によってお砂糖と水の量は3対1の割合を守って調整して下さい。又、お砂糖はグラニュー糖を使って下さい。

                    グツグツした所に、揚げ立てのさつま芋を投入!

                    お芋が切れないように、優しく混ぜるていると・・・

                    いもケンピ

                    こんな風にパラパラとして、お砂糖が結晶化してくる。

                    ※これくらいで止めておかないと、お芋が固くなってきて、せっかくパラパラと結晶化したものが、
                    今度は飴状にべとついてくるので注意!

                    いもケンピ

                    ソフト芋けんぴの出来上がり〜♪

                    出来立てはホクホク感も残って、美味しい〜〜!

                    ※ポイントは切るのを細くし過ぎない。
                     油で固く揚げ過ぎない。
                     結晶化の状態になったらすぐ火を止めて盛り付ける。

                    これを守ればソフトなほっくり優しい甘さの芋けんぴが出来ます。
                    大きなお芋は使い道が多いので、小さめや、いびつな形のお芋さんがある時に是非おためしあれ!





                    亥の子餅

                    0
                      うずらもち

                      紫野源水さんの亥の子餅

                      11月からのお茶席は、風炉から炉に変わり、ゆっくりと季節の移り変わりを感じます。

                      冬支度が準備出来た11月初めのお菓子は亥の子餅でした。

                      柔らかなお餅の中は漉し餡で、優しい味わい・・・

                      昔、陰暦10月の亥の日(新暦は11月)亥の刻に、お餅を食べると万病を逃れ、猪の多産にあやかり子孫繁栄するとも言われたお祝いの行事となっていたそうです。

                      この季節にしては暖かすぎる日が続いていましたが、炉のお稽古が始まったこの日は、
                      背中にひんやりとした空気を感じることが出来ました。

                      ああ、11月に入ったんやな・・・と。




                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      書いた記事数:1948 最後に更新した日:2019/10/18

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM