袋詰めのクッキー

0
    クッキー 

    クッキーの詰め合わせは、子供さん向けのオーダーで。

    子供さん向けにと、去年の暮れからご注文をお受けしていた焼き菓子。
    そして1週間くらいかけて、その都度お渡しされるとの事。

    なので、日持ちのするクッキーを詰め合わせにさせていただく事に。

    私も知っている子供さん達。
    ご褒美をもらっている嬉しそうな顔を思い浮かべながら・・・
    そしていろいろ少量、形や色も変えながら・・・。
    ラッピングは簡素だけれど、華やかにレッド♪

    キッフェルン

    お月様の形をしたキッフェルン♪

    クッキー

    メレンゲは、ほんのりピンク〜♪
    くるりんツートンのココア&プレーンのクッキー。

    クッキー

    香ばしいアーモンドチュイル♪

    クッキー

    喜んでもらえたかな〜

    焼き菓子のラッピングは手間がかかるけど、嬉しい笑顔を思い浮かべながらの作業は楽しい〜!

     年明けのご注文は、今週末からお受けさせて頂きます。明日までにはお知らせしますね。



    やきもち

    0
       焼き餅

      北野天満宮近くの天神堂の焼き餅

      自宅から歩いても行ける北野天満宮。
      8日、遅めの初詣に出かけて帰り際に買ったもの。

      お店の方に「今、食べま〜す。」って言ったら、ガラスケースの中でなく
      後ろの方からラップに包んだやきもちを出して紙袋に入れて下さった。

      食べる前に、お守りの外袋の上に並べてパチリ!

      焼き餅はまだほんのりとだけ温かさが残っていた。
      中身の粒餡は、ほどよい甘さ・・・
      外側のお餅は香ばしく焼けていて、餅皮は薄いんだけど存在感がある。
      すっきりと後味の良い美味しい焼き餅だった♪

      食べ歩きなんて普段はする事がないけれど、この時期、ここの通りは許される感じ・・・(笑)

      焼き餅

      天神堂の前は参拝後の人々がちらほら・・・
      店先で食べる方や、中の椅子に腰掛けて食べる方も。

      北野天満宮龍の絵

      今年の絵

      北野天満宮は、人だかりが絶えない多くの参拝者で賑わっていた。

      今年は自分のお願い事をする人に加えて、広く祈る気持ちの方も多かったに違いない。


      ずぼらパン(笑)

      0

        ずぼらパン

        こんがり焼けた皮目が美味しそうなこのパンは、我が家では「ずぼらパン」と呼ばれている。

        名づけ親は主人・・・
        手をかけて焼いているのに失礼しちゃう・・・

        でも、そう呼ばれても納得の超簡単手作りパン!

        1・混ぜる→2・置く→3・混ぜる→4・置く→5・混ぜる→6・置く→7・焼く
        と、3回混ぜて2回置いておくだけで美味しいパンが焼ける!


        ★作り方と分量★

        強力粉300g(スーパーカメリヤ等のごく普通のものでよい。)
        ドライイースト、塩、砂糖、各5gを用意する。

        ずぼらパン

        材料を大き目のボールに入れて泡立て器等でぐるぐる混ぜる。
        お箸で混ぜてもいいけれど、満遍なく混ぜる事。

        ずぼらパン

        40℃までのぬるま湯270gを投入。

        ずぼらパン

        今度はお箸でぐるぐる混ぜる。粉が見えていてよい。
        (泡立て器で混ぜると生地が詰まって混ぜられない。)

        このままラップをして10分くらい置く。(暖かい室温でもOK)

        ずぼらパン


        次はゴムベラで底からひっくり返す様にこねる。
        粉が見えなくなるくらいでいいので、20回くらいで十分。

        ラップをして更に10分くらい置く。

        ずぼらパン

        先ほどの混ぜを、回数を少なめに繰り返す。

        沢山混ぜると気泡が少ない目の詰まったパンになるので、混ぜすぎは禁物だけれど、
        混ぜ足りないと、焼いたパンから粉が出没(笑)するので加減する。

        ラップや袋を掛けて20分くらい発酵させる。
        発酵温度は30〜40℃くらいの室温やオーブンがベストだが、
        急がなければ冬場の室温でも時間をかけて発酵する。

        ずぼらパン

        こんなふうに大きくなってくる。

        ずぼらパン

        膨らんできた生地を、まな板等に強力粉を多めに振って取り出す。
        つきたてのお餅以上に柔らかいので、ここからはカードやヘラ等を使う事。
        カードを使って淵から粉を掛け、上からも粉を振る。

        ずぼらパン

        これを2等分にカットする。

        ずぼらパン


        ここからは、とっても生地が扱いにくいけど、粉さえあれば手には付かないので、
        生地を大切に、手に丸め込むようにしてオーブンシートを敷いた天板の上に置く。

        ずぼらパン

        底のパンのとじ目は気にしなくてよい。
        上面さえ綺麗なら、底部分は発酵している間にくっつく。

        発酵は大きめのナイロン袋を風船みたいにこんもり掛けて閉じれば、
        パン生地が傷つかずに済む。

        ずぼらパン

        オーブンをパンを焼く温度に予熱する。

        生地が天板一杯に大きく膨らんだら、たっぷりの水を霧吹きでかける。
        よく切れるナイフでクープ(切れ目)を入れる。
        ナイフをその都度、水で濡らしながら入れると上手くいく。
        (こんな大雑把でもOK〜)

        水分が多いパンなので、気温が低くても室温で発酵するので様子を見てオーブンに入れる。

        ずぼらパン

        ガスーオーブンだったら180℃で18分くらい。
        電気オーブンだったらもう少し高めで、こんがりの焼き目がつくまで焼成する。

        ずぼらパン


        24cm×28cmの天板だと、こんなふうに仲良しになっちゃうけどこれもご愛嬌♪
        2枚で焼くのが面倒・・・という面倒がりの私・・・自宅用という事で。(笑)

        このパンは皮の部分が特に美味しい♪
        私はバターをのせて食べるのが一番好き!パンの美味しさがかみ締める程にわかる。

        捏ねなくていいし、発酵時間も少ないし・・・何かしながらでも手軽に作れる。

        やっぱり・・・「ずぼらパン」だネ。(笑)


         


        簡単りんごパイ

        0
          りんごパイ

          忙しい年末やお正月のデザートには、こんな簡単りんごパイが手軽で美味しい〜♪

          冷凍パイシートを冷蔵庫で解凍して、オーブンシートの上に出す。
          伸ばしたりせず、フォーク等で空気穴を一面にあける。
          薄切りにした生のりんごを並べて、グラニュー糖とシナモン少々を満遍なく振る。
          小さく切ったバターを所々に散らして、200℃くらいのオーブンで25分程度焼く。
          放射状にカットする。

          たったこれだけ!

          りんごをのせて焼くので、端っこしか膨らまないけど、ちゃんとパイのバターの味わい。
          りんごが焦げる場合は途中で天板の向きを入れ替えるか、アルミ箔をかぶせる等工夫して。
          しっかり底の部分も火が通る様に焼かないと、底がフニャフニャになる。

          そのまま手でつまんで食べてもよし。
          バニラアイスを添えると、ちょっとしたデザートにも♪
          焼き立てでも、冷たくてもイケる。

          子供たちは「ロールケーキより好きやわ〜。」とか、「こっちのが旨い!」とか・・・

          「あっ、そ。」「ロールケーキはもう作ったあげへんし。」と、口を尖らせる私。
          「ま、わかるわ・・簡単やけど美味しいもんな。」と、これは口には出さず。

          ちなみにこのパイシートはベラミーズパイシートという冷凍のシート。
          四角のものが3枚入っていて、スーパーや百貨店等で700円くらいで売っている。
          マーガリンで作ったパイシートは香りがないけど、ちゃんとバターで作ってあるので
          手軽なのに美味しい〜。

          平面が大きいデザートは見た目豪華なので、沢山人が集まる時には
          「おお〜〜!」て言ってもらえそう。(笑)





          今年もよろしくお願いします!

          0



                            あけましておめでとうございます。
                       本年もどうぞよろしくお願い致します。
             

            お節

            今年のおせちは品数が少なくなったけど、実家のお土産用に詰めたお重。
            出かける前に慌てて撮ったもの。
            入りきらないものは、タッパーに詰めて・・・

            お節

            筑前煮はいつも卵をお願いしている石本農場の親鳥を使って大鍋で炊く。

            お節

            出し巻きはお料理得意の主人に5本巻いてもらった。
            ブリは毎年余り気味になるので、お造り用のミニサイズ。
            前日にお造りにしたブリは、と〜ても美味だった。

            お節

            燻製焼き豚も主人に任せて・・・

            お土産

            お土産用のお菓子は日持ちするものを準備した。

            お土産

            いつも年末はこうして食べる事にかかる準備がほとんど!
            この年末の目標は、年内にお風呂を済ませる事だった。(笑)
            おかげさまで達成したけれど、年明けにおせちを詰めたりお洗濯をしたりで、
            結局就寝したのは、夜中の3時前・・・

            もちろん早朝からお雑煮と帰省の準備でバタバタ!

            雪山

            私の実家は滋賀の田舎なので、琵琶湖が見える湖岸道路を車で走る。
            青空と琵琶湖と雪山が非常に美しかった〜。

            自然は相も変わらず雄大・・・

            どうぞよき年となりますように。


            12月のお菓子

            0
              寒椿 

              お茶の主菓子の更新も空いてしまいましたが、こちらは紫野源水さんの寒椿。
              柔らかな羽二重もちの中には白餡が入っています。

              主菓子

              クリスマスにちなんで聖夜と名のつく主菓子です。
              このお菓子を頂いたのは、20日過ぎ・・・
              一目でクリスマスのお菓子だとわかりました。

              お茶のお菓子にもこうして新しさが加わるのですね。

              生花

              床の間のお花が・・・
              というか、この葉があまりに美しいので、こちらも画像に撮らせて頂きました。

              画像で伝わらないかもしれませんが、見入ってしまうほど美しい紅葉と色のグラデーションでした。

              先生にお尋ねすると、ドウダンツツジということで今年は珍しく紅葉したそうです。
              後ろの壁の色にもよく映えています。



              クリスマスの夕食

              0
                 ローストチキン

                ブログの更新がすっかり空いてしまった〜。

                一応クリスマスイブという事で、ローストチキン♪にサフランライスも添えて。
                と、これは主人にお任せした男の料理!

                前日から、自家製のタレに漬け込んでいたのでソースなしでも十分美味しかった〜〜!

                夕食の支度を何度も覗きにくる長男は、夕食に期待して
                お昼はカップヌードルしか食べてなかったらしい・・・。

                さて、テーブルにつくやいなや、家族全員で「いっただっきまーす!」
                (年頃の子供達・・・何故か皆揃う・・・)

                「うまーい!」と、その後はしばし無言となった。
                美味しい沈黙・・・

                ベーコン

                こちらは25日の夕食の一部

                ベーコンとハムは、又々主人の男の料理・・・(ラッキー♪)
                こちらも、塩加減、燻製加減は◎!!

                2日共、私はバタバタしていたので助かった〜。

                ベーコン

                外のほうが美味しそうに撮れるらしく、自然光でパチリ!

                皆で美味しく食べる事が出来て感謝!



                カカオボール

                0

                  カカオボール

                  カカオボール

                  スノーボールならぬカカオボールと名づけたサクッ、ホロッの一口クッキーです。
                  中身はローストしたカカオ豆が入っています。

                  上から粉糖をかけて・・・

                  主に焼き菓子やクッキーの詰め合わせに入ります。

                  カカオ豆

                  カカオ豆はマダガスカル産のものです。

                  低温で30分ほどローストして皮をむき、胚芽の硬い部分を取り除きます。
                  これを細かく砕いて混ぜ込みます。

                  カカオはポリフェノールがたっぷりで、美容と健康にもよいそうですが、
                  このクッキーはカカオパウダーにカカオ豆入り!

                  カカオ豆ってどんな味?て思われる方も多いと思いますが、
                  苦味、酸味、旨みがあります。
                  カカオ豆がこの形になるまでの工程を見ると、いわゆる発酵食品。

                  一粒食べれば健康な美人に・・・・
                  な〜んてわけないけれど、美味しく食べればそれも効果の一つになるはず〜♪



                  シュークリームいろいろ

                  0
                    シュークリーム 

                    シュークリームいろいろ

                    おうちおやつのシュークリームをご覧下さった方から、数人ご注文を頂いたので、余った皮で
                    いつになくシュークリームのおやつが増えた事は嬉しい事。

                    クリームをいろいろ変えてみた。

                    ストーレートにカスタードクリームだけでは単調かな、と今まで思ってたところ、
                    実に美味しかったのがこのクリーム♪

                    ぽてっとしたカスタードにホイップしていない生クリームを混ぜ込んで、艶っとしたクリーム。
                    まずはシューの蓋ですくって食べる。

                    シュークリーム

                    ちぎってみた・・・
                    さあ、ここからどうする・・・
                    一口もクリームはこぼしたくない・・お皿にもつけたくないし指にも付けたくない。
                    おっとっと・・・という状態で私の口の中へ。(笑)
                    「あー美味しかった!」満足〜♪

                    マロンシュー

                    ある日のこのシュークリームは・・・
                    冷凍庫に和栗のペーストが少しだけ残っていて、ずっと気になっていた。
                    このペーストは和栗を裏ごししたものに少しお砂糖を混ぜておいたもの。

                    で、生クリームとラム酒で風味付けて和栗クリームのダブルシュー♪
                    ほんのり栗の風味〜

                    栗のお菓子は難しいといつも思う。
                    だって栗は繊細・・・そのまま食べるのが1番好き!
                    もちろん、栗ご飯は別だけれど。

                    シュークリーム

                    この日はレアチーズケーキの様に・・・

                    クリームチーズロールの中身のクリームはそのまま食べてもデザートの様なので、
                    シュークリームのクリームにも最適♪

                    シュークリーム

                    凍らせてシューアイスにしてみた。
                    あったかいお部屋で食べると幸せ〜

                    シュークリームは一見手軽なおやつだけど、レシピを見ると結構時間もかかるし、
                    自分で作るってなると引いちゃう人も・・・
                    それに手軽なお値段でどこでも買えてしまうしネ。

                    いろんな皮やクリームで変化するおやつなので、今後もいろいろ試してみたいお菓子の一つです。



                    11月のお菓子・木枯らし 12月のお菓子・寒牡丹

                    0
                      木枯らし 

                      紫野源水さんの木枯らし

                      紅葉した葉に白餡が包んである、主菓子です。
                      白餡は粒のままで豆の風味がしっかりします。

                      寒牡丹

                      紫野源水さんの寒牡丹

                      茶巾に絞って作られている牡丹に見立てた主菓子です。
                      切り分けて頂くと、中身のグラデーションが美しいです。

                      萩焼

                      私は都合で参加させて頂けなかったのですが、
                      先週のお茶事で使われたお茶碗を拝見させて頂きました。

                      萩焼

                      お茶碗は萩焼き、陶芸家の坂田泥華氏の作によるものです。

                      この初冬にぴったりの色合いです。

                      箱書きされているということは、お墨付きのお茶碗とうい事・・・。
                      字も美しい〜。



                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << June 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      書いた記事数:2174 最後に更新した日:2020/06/06

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM